過払い金返還請求と任意整理の違いについて - 過払いの請求ができる専門家とは

過払い金返還請求と任意整理の違いについて

subpage01

もし過去に利息制限法の上限金利以上の金利で融資を受けていた場合は、払い過ぎた金利を取り戻せる可能性があります。
しかしその際には気を付けておきたいことがあります。場合によっては信用情報機関の信用情報に事故情報が記録されてしまう恐れがあります。
過払い金の返還請求の際には金利の引き直し計算を行います。

この金利の引き直し計算は任意整理でも行いますので、状況によっては任意整理として扱われてしまいます。

過払金の請求に関するご質問を解決いたします。

もし既に借金を完済している場合に、過払い金の返還請求をしても信用情報に事故情報が載ることはありません。


事実過払い金が発生していますので、貸金業者に対して返還請求をすることをおすすめします。
しかしまだ借金の返済中の場合は、金利の引き直し計算を行うことによって、借金が完済出来るか否かで過払い金請求か任意整理かに分かれます。

金利の引き直し計算の結果、払い過ぎた利息を残債に充当して借金が完済出来た場合は事故情報が記録されることはありません。以前はこのケースでも事故情報が記録されましたが、現在では信用情報には残らないことになっています。



しかし金利の引き直し計算の結果、残債は減ったが借金の残高が残った場合は、過払いは発生していないことになりますので、債務整理の一つの方法である任意整理となります。
任意整理の場合は信用情報に事故情報が記録されることになり、その情報は5年間残ってしまいます。

5年間新たな融資を受けられなかったり、クレジットカードの審査などが通らなくなってしまいますので、注意が必要です。