過払いしていないか、チェックすることが大事です - 過払いの請求ができる専門家とは

過払いしていないか、チェックすることが大事です

subpage01

以前は、急にお金が必要になり、高い金利でも借りていた人はたくさんいましたが、利息制限法制定以降は、決められた金利でしか融資は認められなくなりました。
利息制限法では、借入額10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上では15%と金利が決められ、これを越している金利は、過払いとなります。

過払いと分かれば、今まで支払っていた金額を、不当利得の返還として請求し、返済してもらうことができます。


複数の借り入れをしていたり、収入の少ない主婦やアルバイトの場合は、利息の返済だけでも大変で、元金の返済が困難な人もいるでしょう。
過払いであれば、今後の返済も楽になりますし、既に返済したお金が戻ってきますので、そのお金を残っている返済金に充てることもできます。そのためにも、過払いしていないかチェックすることは大事です。

過払金の請求情報はこのサイトにおまかせ下さい。

過払い金返還は、10年過ぎますと時効になりますし、また金融業者が倒産した場合は返してもらえませんので、早めに請求手続きをしましょう。

今日中にお金を用意できなければ倒産してしまうような切羽詰まった時は、たとえ高金利でも融資してもらえるならと、借入してしまう人はいるでしょう。
営利目的の貸金業者ですから、高い金利で借入してくれる相手は、歓迎するお客さまになります。



借入時に歓迎されたお客さまが、返済になると高い金利の支払だけでも四苦八苦し、金融業者から返済要求が頻繁にされるようになります。
利息制限法が制定される前は、こうした高金利で借入し、返済に苦しんでいた人は多くいました。今は、この法の下で融資されることになりましたから、以前のような高金利にはなっていませんが、複数から借入したり、返済できるあてもなく安易に借入してしまえば、返済に四苦八苦することには変わりません。



こうしたことが起きないためにも、計画をもって借入するようにしましょう。